司法書士試験商法の勉強法とおすすめ参考書&過去問 

勉強法
2022年度の主要大学の傾向と対策分析介しました
当サイトのオススメ記事
予備校よりスタディサプリ+Z会併用の独学をオススメする理由
受験生の方は是非早めに志望大学の資料請求を済ませておきましょう
図書カード全員プレゼントキャンペーン中です

今回は司法書士試験商法の勉強法とおすすめの基本書、過去問などについてご紹介します
商法は司法書士試験で非常に重要な科目の1つなので基礎から時間を書けて入念に勉強する必要があります。

スポンサーリンク

司法書士試験商法のおすすめの勉強法と参考書は?

全く法律を勉強したことがない方がいきなり分厚い本(基本書)を読めば間違いなくすぐにやる気をなくしてしまいます。
法律用語は日常で使われない用語が多すぎるので、何の事前知識もなしに読み進められるものではないからです。

そこで司法書士試験に限らずまず最初に商法を勉強する方に向けておすすめな書籍がこちらです
伊藤真の会社法入門 講義再現版

商法も憲法、民法、刑法同様、最初は基本書ではなくわかりやすく学べる本から入るのが一番です。
重要なのは、いきなり司法書士試験用の商法テキストからではなく必ずこの本から入ることです

まずはこの1冊をじっくり読み進めることをオススメします。
難しい法律用語も極力使われておらず読みやすいです。
何度も読み込んでまずは商法の全体像をつかみましょう。
※当然ですが、法学部出身の方や既に法律の知識がある方はこの本は必要ありません

こちらの本で商法の基礎を学んだら、司法書士試験に必要な商法の勉強法をこなす必要があります。
それには、各予備校や大手出版社が発行している司法書士試験用のテキスト(憲法など全科目)&過去問演習をすることが重要です。

商法は司法書士の中でも特に重要な科目なので入念に勉強する必要があります。
オススメはこちらの2冊です
司法書士 山本浩司のautoma system (6) 会社法・商法・商業登記法(1) 第9版

司法書士 山本浩司のautoma system (7) 会社法・商法・商業登記法(2) 第9版

司法書士試験商法の勉強に限らず、知識をインプットするだけではダメで、過去問などを解いてアウトプットすることが非常に大切です。
何度も間違える所、苦手な所とその周辺箇所を徹底的にテキストで復習して知識を盤石にすることが一番の勉強法です。

スポンサーリンク

まず一通り司法書士試験商法の知識をインプットした後にするのに必須なのが過去問演習です。
過去問でオススメなのはLECの合格ゾーンシリーズです。

司法試験の過去問は複数の予備校から出ていますが、LECの合格ゾーンシリーズが最も解説が詳しくオススメです。
もちろんこれは個人的に向き不向きもありますので、他の予備校の過去問がいい方は記事下部のAmazonか楽天から検索してお求め頂けたらと思いますm(__)m
2022年版 司法書士 合格ゾーン 択一式過去問題集 6 会社法・商法 (司法書士合格ゾーンシリーズ)

商法に限らず、基本的な勉強方法は
簡単なテキストで法律の概要をつかむ→司法書士試験用のテキストを熟読し暗記する→過去問でアウトプットする→苦手箇所とその周辺をテキストで復習する→模試や予想問題でさらに演習して、苦手箇所を復習するという
流れでこれは鉄則です。

司法書士も独学で合格することは可能ですが、どうしても独学が不安な方は司法書士 通勤講座がオススメです。

司法書士 通勤講座をおすすめする理由はこちらで詳しく紹介していますのでぜひ関連記事をご覧ください。


司法試験対策講座はこちら


アマゾンで参考書を探したい方はこちらが便利です


早慶や難関国公立大学受験対策にZ会はかなりオススメです
人気資格試験勉強法特集記事一覧です
宅建(宅地建物取引士)試験対策
社会保険労務士試験対策
行政書士試験対策
司法書士試験対策
ビジネス実務法務検定試験対策
スポンサーリンク