公務員試験行政法の勉強法&オススメ参考書と問題集

公務員試験(地方上級&国家一般職)

受験生の方は是非早めに志望大学の資料請求を済ませておきましょう
図書カード全員プレゼントキャンペーン中です
早慶や難関国公立大学受験対策にZ会はかなりオススメです
当サイトのオススメ記事
予備校よりスタディサプリ+Z会併用の独学をオススメする理由
GMARCH&関関同立受験対策記事一覧
早慶受験対策記事一覧

今回は公務員試験法律科目で最難関の行政法の勉強対策法とおすすめの基本書、過去問などについてご紹介します。
やはり行政法も基本書から始めたりせず入門書からするのが一番の勉強法です。
基本的に全て独学で出来るのでしっかり行政法対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

公務員試験行政法のおすすめの勉強法と参考書は?

行政法は抽象的で非常にわかりにくいですが、こちらの本は非常にわかりやすく書かれていて全く行政法を学ぶのが初めてな方でも非常に分かりやすいです。
2016年4月に改正された行政不服審査法にあわせて最新版に改訂されました。
行政法入門 第7版

どうしても分厚い基本書は苦手な方はこちらがオススメです
伊藤真の行政法入門 第2版 (講義再現版)

上記2冊のうちどちらか1冊で行政法の基礎を学んだら、行政書士試験に必要な行政法の勉強法をこなす必要があります。
それには、各予備校や大手出版社が発行している行政書士試験用のテキスト(憲法など全科目)&過去問演習をすることが重要です。

こちらの本で行政法の基礎を学んだら、公務員試験に必要な行政法の勉強法をこなす必要があります。
それには、各予備校や大手出版社が発行している公務員試験用のテキスト(行政法など全科目)&過去問演習をすることが重要です。

おすすめはこちらです
公務員試験 過去問攻略Vテキスト4 行政法

他の予備校が発行している公務員試験対策用のテキストが多数あります。
他の予備校のものを使いたい方は下記の本やAmazon、楽天ブックスの検索ボックスなどから検索して探してみてくださいね(検索ボックスは記事の一番下にあります)

スポンサーリンク

公務員試験行政法の勉強に限らず、知識をインプットするだけでは全く意味がありません。
知識を覚えたら、問題集や過去問を解いて必ず弱点がどこなのかを把握しないと意味がありません過去問を解いて、特に苦手なところとその周辺を上記の基本テキストを読み返して何度も覚えることが重要です。

まず一通り公務員試験憲法の知識をインプットした後にするのにおすすめなのが過去問です
過去問は定評のあるスーパー過去問ゼミシリーズが全科目オススメです
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ5 行政法

後は各予備校が主催する直前講座(と模試を積極的に受けるようにしましょう。
以上のように頑張れば公務員試験試験は独学でも合格できますが、一人では頑張れる自信がない、法律の知識が全く無いのでテキストだけでは不安という方も多いのではないでしょうか?

その場合は公務員試験対策用の通信講座(オンライン講座)がオススメです。

なぜ予備校に通うのではなく通信講座をおすすめするのかというと、予備校の講義は一度聞いたら基本的に終わりですが、通信講座であれば何度でも講義をDVDなどで見直すことが出来ます
この差はかなり大きいです。
また、交通費もかからない、自分の好きな時に勉強できる、通学生の予備校より費用が安いというメリットもあります。
国家総合職以外はこちらがオススメです


資格スクエアが他の通信講座や予備校よりオススメな理由です
・スマホ、PC、タブレットなどで好きな時に何度も講義を見直すことが出来る
・価格が他予備校、通信講座に比べて圧倒的に安い値段です
・自分でテキストや過去問を選ぶ必要も買う必要もない
・オンラインレジェメがあり、自分で編集も可能で自分だけの試験対策テキストを作成できる

最難関の国家総合職法律区分(旧・国家公務員1種試験法律職)はやはり特別な対策が必要です
オススメは伊藤塾です
特に重要な論述の添削指導、内定を取るために必要な官庁訪問対策は実績がある伊藤塾がベストです


経済区分はLECがオススメです

参考書探しはAmazonか楽天ブックスが便利です^^
検索して参考書に限らずあらゆる本やDVD、ゲームなどが購入できます


予備校よりスタディサプリ+Z会併用の独学をオススメする理由
受験生の方は是非早めに志望大学の資料請求を済ませておきましょう
図書カード全員プレゼントキャンペーン中です
早慶や難関国公立大学受験対策にZ会はかなりオススメです
人気資格試験勉強法特集記事一覧です
宅建(宅地建物取引士)試験対策
社会保険労務士試験対策
行政書士試験対策
司法書士試験対策
ビジネス実務法務検定試験対策
スポンサーリンク