宅建(宅地建物取引士)民法の勉強法とおすすめ基本書&過去問

勉強法

受験生の方は是非早めに志望大学の資料請求を済ませておきましょう
図書カード全員プレゼントキャンペーン中です
早慶や難関国公立大学受験対策にZ会はかなりオススメです
当サイトのオススメ記事
予備校よりスタディサプリ+Z会併用の独学をオススメする理由
GMARCH&関関同立受験対策記事一覧
早慶受験対策記事一覧

宅建(宅地建物取引士)は非常に人気が高い国家資格で、法律系資格の入門とも言える資格です。
難易度は決して高くはありませんが、近年民法の難易度が上昇していて今までの対策では足りないことも多くなったので、オススメの民法対策法をご紹介します。
一般的に他サイトで紹介されている参考書とは違うものを紹介していますが、自信を持ってオススメ出来ます。

スポンサーリンク

先にこちらの記事をご覧ください
宅建(宅地建物取引士)の勉強法とおすすめ基本書&過去問

宅建(宅地建物取引士)民法のおすすめの勉強法と参考書は?

宅建試験試験科目など概要はこちら

前記事でも紹介しましたが、民法を全く勉強したことがない方はまずこの1冊で民法の全体像を把握しましょう。
伊藤真の民法入門 第5版

近年は宅建試験の民法の難易度が上昇していて、民法だけは下記で紹介している基本テキスト以外にしっかり勉強した方が確実に合格できます。
といっても難易度の高い基本書を読み込む必要はありません。
多くのサイトでは民法がわかったという本をオススメしていますが、この本は最新版が2008年と古く、法改正対応に不安が残ります。
もちろんベーシックな部分は変わらないので十分役に立ちますが、私はこちらをオススメします。

民法がわかった

宅建の民法は近年難しいとよく言われていますが、その対策に最もオススメなのがスーパー過去問ゼミという公務員試験対策用の問題集です。
公務員試験対策用の問題集ですが、解説も非常に詳しく必要な知識が網羅されていて宅建試験にも間違いなく役立ちます。
わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト 2017年度 (わかって合格る宅建士シリーズ)
こちらをメインテキストにして足りないところをスーパー過去問ゼミで補うのが理想的な形です。

スポンサーリンク

スーパー過去問ゼミはこちらです(2冊あります)
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 民法1一総則・物権・担保物権

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 民法2一債権総論・各論・家族法

もちろん宅建(宅地建物取引士)の過去問も重要なのでこちらも必須です(権利関係=民法が中心です)
2017年版出る順宅建士 ウォーク問 過去問題集 1 権利関係 (出る順宅建士シリーズ)

後は各予備校が主催している模試をできるだけ受けるようにしましょう。
本番に近い雰囲気、試験独特の緊張感を味わうことは非常に重要です。

宅建試験は独学でも合格できる試験ですが、独学ではどうしても不安という方は宅建 通勤講座
をオススメします。
テキスト、問題集込で19800円なのでむしろ独学よりオススメとも言えます。
もちろんテキストだけある通信講座ではなく、講座付きです。

詳細はこちら


通勤講座 宅建が他の通信講座(ユーキャンなど)よりオススメな理由です
・スマホ、PC、タブレットなどで好きな時に何度も講義を見直すことが出来る
・価格が他予備校、通信講座に比べて圧倒的に安い(19800円)
・自分でテキストや過去問を選ぶ必要も買う必要もない(テキスト、問題集込で19800円なので独学よりむしろ安いともいえます)

参考書探しはAmazonか楽天ブックスが便利です^^
検索して参考書に限らずあらゆる本やDVD、ゲームなどが購入できます


予備校よりスタディサプリ+Z会併用の独学をオススメする理由
受験生の方は是非早めに志望大学の資料請求を済ませておきましょう
図書カード全員プレゼントキャンペーン中です
早慶や難関国公立大学受験対策にZ会はかなりオススメです
人気資格試験勉強法特集記事一覧です
宅建(宅地建物取引士)試験対策
社会保険労務士試験対策
行政書士試験対策
司法書士試験対策
ビジネス実務法務検定試験対策
スポンサーリンク