半年でGMARCH&関関同立 1年で早慶に合格するための勉強法

大学受験のノウハウを中心に、日々の生活で役立つ情報など色々発信します

*

犬下部尿路疾患の原因と症状は?対策はどうすればいい?

     

       


当サイトの人気記事
GMARCH&関関同立受験対策記事一覧
早慶受験対策記事一覧

猫と同様、犬も下部尿路疾患になります。
犬下部尿路疾患は、下部尿路(膀胱から尿道)に起こる、様々な症状を含む病気の総称です。
排尿時の痛み、血尿、排尿困難など危険な症状を引き起こす怖い病気です。
特に多いのが膀胱や尿道に結石がたまる、尿石症という病気です。

スポンサーリンク

犬の下部尿路疾患の原因は?

犬の下部尿路疾患の大きな原因は、肥満による運動不足、水分不足から尿が少なくなり濃くなり、結石ができやすくなることがあげられます。
また、消化の悪い食事を与えると、便に水分をとられてしまいおしっこの水分が減り、結石ができやすくなってしまいます。

犬の尿路結石はメスのほうがなりやすいです。
メスのほうが細菌性の膀胱炎を起こしやすいからです。

犬の下部尿路疾患の症状は?

・トイレに頻繁に行くのにおしっこが出ない
・トイレ以外のところでおしっこをしてしまう
・血尿が出る
・嘔吐の回数が増える
・触ると嫌がる
・陰部をしきりに気にする
・お腹の下の方を触ると固いものがある

さらにひどくなると、尿道が閉まってしまい全くおしっこがでなくなり、急性腎不全を起こして尿毒症になり、最悪の場合は死に至ることもある怖い病気です。
上記の症状が出たらすぐに動物病院に連れて行ってあげて下さい。

犬下部尿路疾患の対策と予防はどうすればいいの?

病院に行ったあとは、獣医師の指示にしたがって徹底した食事管理が必要です。
きれいな水を十分にあげるようにしましょう。
犬に必要な水分は、犬の1日に必要な水分量は、大体体重g×0.05~0.07です。
水分量をきちんと測って与えてあげましょう。
簡単に確認する方法は、500mlのペットボトルに水を入れて与えてあげるとわかりやすいです。

犬や猫に与える水についてはこちらの記事もぜひご覧ください

スポンサーリンク

食事も普段から気を配ってあげましょう。
おすすめの食事は鹿肉です。
低脂肪、低カロリー、低アレルゲン、低コレストロールの鹿肉です
年齢を問わずおすすめできる健康食です。

そして、肥満は犬下部尿路疾患はもちろん、あらゆる病気の要因にになるので
肥満にならないよう運動させてあげましょう。
もし肥満に既になってしまっている場合は、獣医師と相談してダイエットさせてあげましょう。
また、不妊&去勢手術をしている犬は尿呂結石のリスクがより高いので、普段から入念なケアが必要です。
おしっこの様子におかしなところがないか毎日きちんとチェックしてあげてくださいね!

愛犬はアレルギー、生活習慣病、皮膚病、涙やけ、食糞、臭い(体臭、口臭)など様々な悩みを抱えている場合が多く
かなり悩んでいる飼い主の方も多いのではないでしょうか?

これらの大きな原因として、食生活の乱れ、腸内環境の乱れが考えられます。
人用の食事やデザートを与えたり、愛犬に合わない食事(ドッグフード)を与え続けていると腸内環境が乱れて様々な悪影響が出てしまいます。

そこでオススメなのが最近口コミで急激に広まっているaikona-あいこなというサプリです。
犬用のサプリメントで腸内環境を整えるのに必要な栄養素を届けてくれます。
無添加、無農薬、放射能検査済で厳選した6種類の栄養素が凝縮されている究極の犬用サプリメントです。

こちらのサプリについては関連記事で詳しく紹介しているので是非こちらをご覧ください
愛犬の皮膚トラブル、食ふん、臭いなどにお困りの方へ

暇つぶしに最適なおすすめスマホゲームをこちらで紹介していますので興味がある方は是非ご覧ください^^
オススメスマホゲーム特集 RPG、女性向け、男性向け、スポーツゲームなど


人気資格試験勉強法特集記事一覧です
宅建(宅地建物取引士)試験対策
社会保険労務士試験対策
行政書士試験対策
司法書士試験対策
ビジネス実務法務検定試験対策
スポンサーリンク

 - ,

  関連記事

犬の熱中症の症状は?オススメの対策は?グッズは何がいい?

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …

犬アレルギーの症状と原因は?改善方法は?空気清浄機とサプリが有効!

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …

犬の腎臓病の原因と症状は?対策と予防法は?

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …