半年でGMARCH&関関同立 1年で早慶に合格するための勉強法

大学受験のノウハウを中心に、日々の生活で役立つ情報など色々発信します

*

猫の毛玉の原因はストレス?対策は?ブラッシングのコツは?

     

       


当サイトの人気記事
GMARCH&関関同立受験対策記事一覧
早慶受験対策記事一覧

猫の毛玉の原因はストレス?

猫の毛玉の原因は、ストレスや病気、加齢などです。
猫は気分を落ち着かせるために体を舐めるしぐさをしますが、このしぐさが多い猫ほど毛玉ができやすくなります。
飼い主が愛猫をストレスなく暮らせるように配慮してあげること、シャンプーやブラッシングをしてあげることが毛玉対策として重要です。

猫の体にはアポクリン汗腺が沢山あり、汚れがつきやすくなり毛が絡みやすくなります。シャンプーやブラッシングをしてあげないと、毛や皮膚が汚れて絡んだりくっつきしやすくなり、汚れが毛玉を生んでしまいます。
愛猫の毛玉は飼い主のケア次第で軽減可能です。

猫の毛玉対策はどうすればいいの?

野良猫は猫草を食べています。
これらの猫草には葉っぱにトゲがあって、胃を刺激することで毛玉を吐き出す効果があります。
ほとんどの猫は猫草が好きですが、嫌いな猫は食べようとしません。
もちろん食べてくれるにこしたことはないのですが、無理に食べさせる必要はありませんので、食べてくれたらラッキーという感じで水飲み場の近くなどに置いておきましょう。猫草はペットショップや無印良品などに普通に売っていますし、楽天などネットでも購入可能です。

また、ラキサトーンも非常に有名で猫の毛玉防止対策に効果があります
ラキサトーンは猫の毛玉吐き防止サプリメントで、お腹の中に出来た毛玉を排泄させる効果があります。

ラキサトーンには食物をコーティングして腸壁との間に膜を作る効果もあるので、毛玉自体も作りにくくする効果もあります。
ラキサトーン自体は安全な商品ですが、過剰に与えると下痢の副作用が起こる可能性がありますので用法はきちんと守るようにしてくださいね。

猫のブラッシングのコツは?

猫の毛玉対策でオススメなのは日頃のブラッシングです。ブラッシングをこまめにしてあげれば、毛を飲み込む量も減ります。
ブラッシングをする際におもちゃで遊んであげましょう。
猫の毛玉の大きな原因はストレスなので、ストレス解消させてあげればストレスからの毛づくろいが減り、毛玉対策になります。

猫の毛玉対策にはブラッシングがお勧めですが、ブラッシングにはコツがあります。
まず、大前提として毛の流れに沿って行うことが重要で、首後~お尻に向けてブラッシングをして、次に背中~お腹にブラッシングしていきます。
毛玉ができやすい場所は特に注意する必要があります(のど、お腹、お尻、脇下、足の付け根など)が、これらのデリケートな場所は猫も触られるのを嫌がることが多いです。
暴れて抵抗することも少なくありませんので、赤ちゃんのころからおもちゃで遊んであげたり、なでたりして通して触られるのをOKさせる訓練をしておくことが重要です。
子猫の時から常に触られている猫は、なでられるのが好きになりブラッシングも自然と好きになります。

猫がブラッシングを嫌がる場合はどうすればいいの?

しかし、成猫になると自立心が強くなりブラッシングされたりなでられるのを嫌がるようになってしまいます。
成猫をもらってきて飼い始めた方は、ブラッシングを嫌がられて困っている方も多いのではないでしょうか?
特に警戒心の強い猫の場合は苦労すると思います。

この場合も、触られることに慣れさせることが重要です。
どんな猫でも、顎の下や耳の後ろ、口周りは気持ちよく感じるようです。
猫が寝ている時や食後にくつろいでいる時にこれらの場所を優しく触ってみましょう。気がついて嫌そうな表情をしたらすぐにストップします。
触られることに慣れてきたら、そっとブラッシングをしてあげてみましょう。
マタタビを使うのも非常にお勧めです。

ブラッシングの注意点

特に長毛種の場合は、脇下やお腹に毛玉ができやすいので入念にブラッシングする必要がありますが、デリケートな場所なので丁寧にしましょう。
痛い思いをさせたら当然ですがブラッシングを嫌がるようになってしまいます。
もし毛がからまったら、毛の根本を持ち、毛先から少しずつほぐしてあげましょう。
間違っても無理やり引っ張ってはいけません。

猫の毛玉の原因&対策まとめ

・原因はストレス、加齢、病気など
・猫の毛玉対策には猫草、猫草が嫌いな猫も一定数いるのでその場合はラキサトーンを
・ブラッシングも猫の毛玉予防対策で非常に重要です


人気資格試験勉強法特集記事一覧です
宅建(宅地建物取引士)試験対策
社会保険労務士試験対策
行政書士試験対策
司法書士試験対策
ビジネス実務法務検定試験対策
スポンサーリンク

 - 健康関連, ,

  関連記事

ジカ熱の症状は?日本で広まる可能性は?妊婦は特に注意が必要です

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …

加湿器は夏や秋に使うのも効果的です 実は気温を下げる効果も

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …

手足口病大人の症状は?予防方法は?かかったら出勤してもいいの? 

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …

夜のエアコンはつけっぱなしが電気代も安くてオススメ 赤ちゃんがいても大丈夫です

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …

頭痛には3種類あります 見分け方と治し方は?

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …

アニサキスの症状は?予防方法は?ガン発見に効果があるって本当?

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …

夏の弁当に入れてはいけないものは?傷みにくくする方法?保冷剤は?

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …

加湿器の効果的な使い方と設置場所は?注意点や簡単な掃除方法は?

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …

ヘルパンギーナ大人の症状は?予防方法は?出勤してもいいの?

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …

偏頭痛の治し方は?オススメの食事は?NGの生活習慣は?

当サイトの人気記事 GMARCH&関関同立受験対策記事一覧 早慶受験対策記事一覧 …