日々のお役立ち情報ブログ

生活のお役立ち情報&スマホゲームの攻略情報を紹介します

*

痛くないインフルエンザ予防接種フルミスト 2016年は中止する病院も

     

       

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています
Twitterでサイト更新情報をお伝えしていますので是非フォローまたは当サイトのブックマークをお願い致しますm(__)m
Twitterはこちら
夏の当サイト人気記事一覧です
2017年度全国花火大会特集
電気代を節約する方法は?冷房の設定温度は何度がいい?裏ワザは?
夜のエアコンはつけっぱなしが電気代も安くてオススメ 赤ちゃんがいても大丈夫です
夏の弁当に入れてはいけないものは?傷みにくくする方法?保冷剤は?

数年前から痛くないインフルエンザ予防接種のフルミストというタイプのワクチンが話題になっています。
これは、注射ではなく点鼻タイプなので注射が苦手な方に非常に人気が高くなっています
アメリカでは2003年、欧州各国でも2011年に認可されていますが、日本ではまだ認可されていないため導入している病院の医師が個人輸入をしているのが現状です
(日本でも2018年に認可されると言われています)

しかし、2016年はこれまでフルミストを取り扱ってきた病院で取り扱わないところが増えています。
今回は痛くないインフルエンザ予防接種フルミストの効果や副作用、値段、2016年に中止する病院が増えた理由などを詳しくご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

痛くないインフルエンザ予防接種フルミストとは?効果は?

多くの人はインフルエンザの予防接種=注射というイメージですよね。
私も最近まではそうでした。

しかし、注射をせずに受けられるインフルエンザ予防接種(ワクチン)が実はあります。それが既にアメリカ、欧米では認可されている「フルミスト」というものです。
日本ではまだ認可されていないので知名度はまだまだ低いですが、注射をせず点鼻タイプなので注射が苦手な方を中心に人気が広まっています。
日本でフルミストはまだ認可されていないので、医師が個人輸入をして提供する病院が近年少しずつ増えています。

フルミストと従来の注射型ワクチンの違いとは?

インフルエンザのワクチンには、生ワクチン不活化ワクチンという2種類があります。
この2種類の違いは

・生ワクチン
毒性を弱めた細菌、ウイルスを生きたまま接種して免疫を付けさせるタイプ

・不活化ワクチン
細菌やウイルスを完全に殺して毒性を排除して、免疫を付けるのに必要な成分を抽出したもの

フルミストは生ワクチンタイプで、従来の注射型ワクチンは不活化ワクチンです。
大きな違いは、生ワクチン(フルミスト)は細菌やウイルスを生きたまま接種するので、強い免疫が付きます。
効果時間も約1年と非常に長いです。
さらに、自然感染に近いためウイルスのタイプが違っても重症化を防いでくれる可能性があります。
不活化ワクチンは効果が弱まるので効果時間は5か月程度になります。

そして、一番の違いはワクチンの接種方法です。
従来は注射をするタイプのみでしたが、フルミストは液体のワクチンを鼻に霧状にして直接噴射する点鼻タイプなので、注射が苦手な方、特にお子さんにオススメです。
インフルエンザウイルスは鼻腔から入るので、鼻に直接噴射することで注射型ワクチンよりも予防効果が高いとも言われています。

基本的にはフルミストは1度のみの接種でOKです。
ただし、インフルエンザにかかったことがない2歳~8歳の子供は免疫がないので、1,2か月間をあけてから再度接種する必要があります。

対象年齢の違い

フルミスト
2歳~49歳限定
免疫力が低い2歳未満の幼児や50歳以上の人はフルミストの接種は出来ません

注射型ワクチン
6か月~


スポンサーリンク

フルミストに副作用はないの?

フルミストは生ワクチンタイプのため、風邪の症状などの副作用が出る可能性があります1週間ほどで収まります。

・鼻水、鼻づまり
・頭痛、倦怠感、発熱

基本的に軽症ですが、ごくまれにギランバレー症候群、アナフィラキシーショックという重大な副作用を引き起こす可能性もあります。
ただし、これは通常のワクチンでもごくまれに起こり得ます。
(可能性は極めて低いです)

アナフィラキシーショックとは
発症後極めて短時間の間に全身にアレルギーが出る症状です
血圧低下、意識障害が起こり重症の場合は命にかかわることがあります。
ワクチンの他麻酔、アスピリン、輸血なども原因になり得ます。

ギランバレー症候群とは
筋肉を動かす神経が障害を起こす病気で、急に手足に力が入らなくなったりしびれたりします。
さらに重症になると呼吸困難、顔の筋肉のマヒ、声が出なくなる、排尿障害などが起こり最悪の場合は車いす生活になったり、死亡することもある難病です。

医薬品を適切に使用したにもかかわらず、重大な副作用が起きてしまい健康被害を受けた方を救済するために、日本では昭和55年から医薬品副作用被害救済制度というものがあります。
医療費などの給付をしてくれる制度です。
しかし、フルミストは現在日本で認可されていないので、万が一上記の重大な副作用が起きても医薬副作用被害者救済制度が受けられません。

なので、あくまでフルミストの予防接種を受けるときは自己責任であることを事前にしっかり理解することが重要です。
(通常の注射型ワクチンでも副作用が起こる可能性はありますし、重大な副作用が起こる可能性は極めて低いですが)

フルミストの料金はどのくらい?

フルミストは日本でまだ認可されていないので、健康保険が効きません。
全額自己負担になります。
値段は病院により異なりますが、6000円~1万円程度です。

フルミストは日本では認可されていません。そのため健康保険が効かず、料金は全額自己負担となります。価格は病院によって異なりますが、1回6500円~10000円の間が多いようです。
ただし、従来の注射型インフルエンザワクチンも自由診療のため全額自己負担です(高齢者のみ例外)

6か月~13歳未満 6000円程度(2度接種が必要)
13歳~成人 3000円~5000円
高齢者 無料~2000円

スポンサーリンク



フルミスト予防接種を受けられる病院はどこ?

フルミストは日本で認可されていないため、医師が個人輸入した病院でのみ接種が受けられます。
フルミスト+地域名などで検索すれば、お近くの病院を探すことが出来ますが、まだまだフルミスト予防接種を受け付けている病院は少なく、あっても人数に限りがあり、完全予約制の病院が大半です。

フルミスト予防接種が受けられる病院一覧がまとめられているサイトはこちらですが、県によっては1つもないところもまだまだ多いですね(+o+)

また、フルミストの予防接種が受けられない人もいるので要注意です

・2歳未満&50歳以上の方
・卵、ゼラチン、アルギニン、ゲンタマイシンアレルギーを持っている方
・妊娠中の女性
・アスピリンを長期服用中の方
・ギランバレー症候群になったことがある方
・重い免疫不全の病気がある方
・過去1年以内に喘息発作を起こしたことがある方
・心臓病、肝臓病、糖尿病、貧血、呼吸器系、神経系の病気がある方

さらに、フルミスト予防接種当日に鼻水などがひどい場合はワクチンが流れてしまうため接種できないことがありますので要注意です。
上記のようにフルミストは万が一健康被害が起きても補償が受けられないので、医師の説明を十分聞いて納得してからにするべきです。

2016~2017年にフルミスト取り扱い病院が減った理由とは?

メリットが多いように感じる痛くないインフルエンザ予防接種フルミストですが、実は米国疾病予防管理センター(CDC)が昨年の2~17歳のフルミストのインフルエンザ予防効果が注射タイプのワクチンより低いとして、2016~17年はフルミストを推奨しないと発表しました。

これを受けて日本で従来フルミスト予防接種をしていた病院も今年は中止するところが非常に増えています。
ですので、事前にフルミスト予防接種を希望する方は近くに扱っている病院があるか調べて問い合わせすることをオススメします。

しかし、イギリスの公衆衛生サービスは逆にフルミストは効果があったと真逆の発表をしています。
また、フィンランドでも同様に効果があると発表されています。

なぜアメリカと欧州で真逆の発表がされているのか素人には全く判断がつきませんが、こちらの生馬病院の見解が非常に参考になるのではないでしょうか?
こちらを見るとフルミストの有効性は高いように感じます。

インフルエンザ対策の関連記事もぜひ併せてご覧くださいm(__)m
インフルエンザ予防対策は?免疫力を高める方法と食事は?

インフルエンザをできるだけ早く治す方法は?食べ物は何がいい?

インフルエンザ対策にはアルコール消毒が有効です オススメの商品は?

インフルエンザA型、B型、C型の特徴と違いとは?

インフルエンザC型の特徴は?検査方法、治療対策法は?

インフルエンザでも熱が出ないこともあります その理由と対策方法は?

待ち時間や移動時間中の暇つぶしに最適なおすすめスマホゲームをこちらで紹介していますので興味がある方は是非ご覧ください^^
オススメスマホゲーム特集 RPG、女性向け、男性向け、スポーツゲームなど


人気資格試験勉強法特集記事一覧です
宅建(宅地建物取引士)試験対策
社会保険労務士試験対策
行政書士試験対策
司法書士試験対策
アルバイト探しはこちらが非常に便利です
1日から働ける激短バイト!ショットワークス


スポンサーリンク

 - インフルエンザ対策 , ,

  関連記事

インフルエンザ対策にはアルコール消毒が有効です オススメの商品は?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

インフルエンザをできるだけ早く治す方法は?食べ物は何がいい?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

インフルエンザA型、B型、C型の特徴と違いとは?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

インフルエンザ予防対策は?免疫力を高める方法と食事は?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

インフルエンザC型の特徴は?検査方法、治療対策法は?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

インフルエンザや花粉症予防対策に有効なR-1ヨーグルトを飲み始めました

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

インフルエンザでも熱が出ないこともあります その理由と対策方法は?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …