日々のお役立ち情報ブログ

生活のお役立ち情報&スマホゲームの攻略情報を紹介します

*

子供の身長を伸ばすには食事、運動、睡眠方法が重要です

     

       

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています
Twitterでサイト更新情報をお伝えしていますので是非フォローまたは当サイトのブックマークをお願い致しますm(__)m
Twitterはこちら
春の当サイト人気記事一覧です
花粉症対策特集記事一覧
必見!ガス代を年数万円節約する方法とは?

身長が伸びずに悩んでいるお子さんは非常に多いですよね。
身長は遺伝要素が大きいとよく言われますが、必ずしも遺伝要素だけではありません。
やはり、基本的なことですが食事、運動、さらに睡眠も非常に大事です。
今回は子供身長を伸ばすための睡眠、運動、食事方法を詳しくご紹介します。


スポンサーリンク

やっぱり身長は遺伝だから、両親の背が低かったらどんなに努力してもダメだと思っている方は非常に多いと思います。
しかし、遺伝が身長に与える影響の割合は23~25%と研究により判明しています。

残りの75%は何かというと、栄養、睡眠、運動です。
3つとも重要なのはここで改めて書くまでもないことですが、両親が背が低いからといって諦めてしまう必要は全くありません。
遺伝は確かに関係ありますが、25%程度です。

子供の身長を伸ばす睡眠方法とは?

身長を伸ばすには、睡眠、食事、運動が非常に重要です。
では身長を伸ばす睡眠方法とはどんなものでしょうか?

身長を伸ばすのに重要な成長ホルモンは睡眠中に活発になるのは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

言うまでもなく睡眠不足は身長を伸ばす大きな妨げになりますが、ただだらだらと寝ていればいいわけでもありません。
もちろん、それ以外にも様々な悪影響が起きます。
睡眠の質が非常に重要です。

また、年齢が低ければ低いほど必要な睡眠時間が多くなります。

小学生→10時間
中高生→8~9.5時間
大人→7.8時間

睡眠の質が非常に重要ですが、睡眠には浅い眠りのレム睡眠、深い眠りのノンレム睡眠の2種類があります。

ノンレム睡眠のほうが成長ホルモンが活発に活動して、身長も伸びやすくなります。
ノンレム睡眠とは脳と体が休んでいる状態です。

逆に、レム睡眠は体は眠っているけど脳が起きている状態です。
夢を見る場合はレム睡眠の状態です。
この状態だとあまり成長ホルモンは活発に活動してくれません。

人は最初ノンレム睡眠から始まり、その後レム睡眠になります。
約90分間の周期で一晩に数回ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返します。
深いノンレム睡眠が多いほど睡眠の質が高いことになります。

では、具体的に質の高い睡眠(ノンレム睡眠)をとるにはどうすればいいのでしょうか?まず、睡眠環境が非常に重要です

・部屋を暗めにする
これが非常に重要です。
部屋を暗くすることで、自然な眠りを誘う作用がある睡眠ホルモンの「メラトニン」が分泌されやすくなるからです。

睡眠中でもほんの少しの光でも人は感知してしまうので深い眠りの妨げになります。
より深い睡眠を目指すならアイマスクをするのもオススメです。

・睡眠3時間前までに食事を摂らない
睡眠直前に食事を摂るのは辞めましょう。
なぜかというと、寝る直前に食事すると、胃が消火活動をしたまま寝ることになるので睡眠が浅くなるからです。
さらに胃もたれを起こしやすくなる、睡眠中に血糖値が高くなり脂肪になることで、肥満になりやすくなるなど大きなデメリットがあります。

本来人間は食事を完全に消化するには約6時間かかります。
しかし、睡眠6時間前以降に食事をしないというのはあまり現実的ではありません。
3時間ほどたてばだいぶ胃の負担は軽減されるので、3時間前を目安にしてみましょう。

それでもどうしても寝る直前に食事をしないといけない場合は、胃の負担の少ない消化の良い食べ物にすることを強くおすすめします。
おかゆなどです。

・寝る前にカフェインを摂取しない

カフェインには眠気覚まし効果があることは有名ですよね。
当然これらを寝る前に摂取すると睡眠の妨げになります。
また、強い利尿作用があるので夜中にトイレに行きたくて目が覚めるリスクもあるので二重の意味でおすすめ出来ません。

・寝る前にスマホ、PCをしない
こちらの関連記事でも書きましたが、寝る直前にスマホやPCをいじるのは一番のNGです。ブルーライトが体内時計を狂わせ深刻な睡眠障害を引き起こすからです。
その他にもテレビ、3DSなどの携帯ゲーム機も同様にブルーライトが発せられるのでNGです。

関連記事はこちら
不眠症の原因は?予防改善方法は?アロマオイルとすだちが有効です


スポンサーリンク

子供の身長を伸ばす運動方法とは?

身長を伸ばすためには運動も重要です。
運動は成長ホルモンを活発化させるのはもちろんですが、身長の伸びに重大な影響がある骨の骨端線を活発化し身長が伸びやすくなります。

骨端線とは成長期の子供(具体的には10~17歳前後)の骨にしか存在しない成長軟骨のことです。
この成長期が終わると骨端線はなくなり、それ以降身長が大きく伸びることはほぼなくなってしまいます((+_+))

ところで、成長期に激しい運動をすると身長が伸びなくなるという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
これはある意味正解で、ある意味間違っています。
身長を伸ばすのによい運動方法と良くない運動方法がありますのでそれを詳しくご紹介します。

・おすすめの身長が伸びる運動方法
全身を使い体を縦に伸ばす運動は身長を伸ばすのに非常に良い運動方法です
体を縦に伸ばす=ジャンプが多い運動のことです
具体的には水泳、ジョギング、球技全般、鉄棒、ストレッチです。
特に球技ではジャンプが多いバスケ、バレーボール、サッカーなどがオススメです。

・成長期におすすめできない運動方法
一部の筋肉に過度な負担を与えるトレーニングは身長を伸ばす方法としてはNGです

なぜかというと、一部の筋肉のみを鍛えると成長ホルモンがそこの筋肉を成長させることだけに使われてしまい、身長が伸びにくくなるからです。
具体的にはダンベル、チューブ、ハードル、マシンなどを使った一部の筋肉を鍛える運動はオススメできません。

腕立て伏せや腹筋のような筋トレも一部の筋肉を鍛えるものなので、これらをするなとは言いませんが、筋トレをする場合は上半身も下半身も均等に鍛えるようにすることが非常に重要です。

スポンサーリンク



子供の身長を伸ばす食事方法とは?

最後に身長を伸ばす方法として重要なのが食事です。
バランスの取れた食事が重要なのは言うまでもありません。
お菓子、ファストフード、レトルト食品の食べ過ぎが体に良いわけはありません。

身長を伸ばすためにはもちろんカルシウムが重要ですが、甘いものを食べすぎるとカルシウムが吸収されにくくなります。
カルシウム以外に身長を伸ばすのに重要なものはたんぱく質やマグネシウム、亜鉛、ビタミンです。特に亜鉛は非常に不足しがちで、成長期の子供が亜鉛不足になると成長が阻害され、身長も伸びなくなってしまいます。

亜鉛が多く含まれる食品
・生牡蠣
・レバー
・毛ガニ
・牛肉
・煮干し
・たらこ
・ごま

マグネシウムが多く含まれる食品
・豆類(きな粉、木綿豆腐、グリーンピース、納豆など)
・藻類(あおのり、焼きのり、わかめなど)
・魚介類(干しエビ、するめ、なまこ、あさりなど)

ビタミンも非常に重要です
特にビタミンB1、B2、B6が重要です

そして、身長を伸ばすのに重大な影響があるのがアミノ酸です。
身体の成長には様々な種類のアミノ酸が不可欠です。

アミノ酸は上記成分に比べて何故かあまり注目されていませんが、アミノ酸は様々なたんぱく質を体内で合成する原材料になり、身体を成長させたり、生命活動の維持に必要な重要な役割を担っています。

アミノ酸は肉、魚、卵、豆類に多く含まれています。
ただ、加熱することで吸収効率が下がってしまうので過度な加熱はオススメできません。

これらを毎日食事でとるのは非常に困難です。
なので、サプリメントやサポート飲料で補うのが一番の理想です。

私がオススメするのがこちらのフィジカルBという商品です。
爽やかなグレープフルーツ味で飲みやすく、牛乳ではなく水に溶かして飲むタイプなのでもし牛乳が苦手なお子さんでも安心です。
子供の身長を伸ばすのに必要な鉄分、ビタミンB1、B2、B6、9種類のアミノ酸、マグネシウム、食物繊維などがたっぷりと含まれています。

詳細はこちら

まとめ

子供の身長を伸ばすには、睡眠、運動、食事全てが重要です。
遺伝要素はたった25%程度なので、両親の身長が小さくても諦める必要は全くありません
・深い睡眠をとる環境を作る(特に寝る直前にスマホやPCをいじらない)
・ジャンプの多い運動をする(激しすぎるトレーニングはNG)
・身長を伸ばすために必要な食事方法を意識する(フィジカルBの活用など)

これらをぜひ意識してみてくださいね。


アルバイト探しはバイトークが非常に便利です 全国各地の募集案件が非常に豊富で、採用祝い金も最大3万円までもらえます。
そして一番重用な職場の雰囲気ですが、先輩の声やシフト情報まで詳しく掲載されているのが他のバイト情報サイトとの大きな違いです。 バイトーク
世の中にはダイエットしたい人がかなり多いと思いますが、実は太れなくて悩んでいる方も潜在的には結構いるのではないでしょうか?
そんな方のためのサプリドクター・フトレマックスを実際に私が1ヶ月間摂取した結果をこちらで報告しています
太りたい人のサプリ「ドクター・フトレマックス」を1ヶ月試した結果


スポンサーリンク

 - 子供の成長 , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした