日々のお役立ち情報ブログ

生活のお役立ち情報&スマホゲームの攻略情報を紹介します

*

蚊に刺されやすい人はどんな人?対策と家の中の発生源は?

     

       

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています
Twitterでサイト更新情報をお伝えしていますので是非フォローまたは当サイトのブックマークをお願い致しますm(__)m
Twitterはこちら
夏の当サイト人気記事一覧です
2017年度全国花火大会特集
電気代を節約する方法は?冷房の設定温度は何度がいい?裏ワザは?
夜のエアコンはつけっぱなしが電気代も安くてオススメ 赤ちゃんがいても大丈夫です
夏の弁当に入れてはいけないものは?傷みにくくする方法?保冷剤は?

非常に不愉快な害虫といえばハエと蚊ですが、蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいます。
実は、蚊に刺されやすい人は明確な特徴を持っていて、血液型によって刺されやすい、刺されにくいという事実もあります。
今回は蚊に刺されやすい人の特徴と対策、家の中の発生源などを詳しくご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

蚊に刺されやすい人はどんな人?

蚊がなぜ人を刺すのかというと、産卵のためにはタンパク質とカロリーがかなり必要なため、人や動物(犬、猫、鳥類など)の血液を吸わないといけないからです。
ちなみに吸血するのはメスのみです。

蚊が好むのは
・二酸化炭素
・汗に含まれる乳酸
・高い体温、湿度
です。

ここから蚊に刺されやすい人のタイプを検証していきます

・アルコールを好む人
アルコールを分解する際に二酸化炭素排出量が増えるので蚊にさされやすくなります
また、汗もかきやすくなるので下記で紹介しているように二重の意味で蚊に刺されやすくなります。

・黒系ファッション、色黒の人
蚊は暗い色に集まる習性があり、夜行性のアカイエカは黒を好みます。

・体温が高い人
体温が女性より一般的に高めの男性は女性より蚊に刺されやすいと言われています。

・汗をかきやすい人
汗に含まれる乳酸は蚊の大好物なので、汗をかきやすい人は蚊に刺されやすくなります

・足が臭い人
蚊は特に足の臭いを好むので、足が臭いと蚊にさされやすくなるので、常に足は清潔にしておきましょう

一般的には男性の方が蚊にさされやすいですが、女性でも蚊に刺されやすい人はいます。
・バッチリメイクをする人
蚊は化粧品に含まれる香料や化学成分を非常に好むため、ノーメイクの人より必然的に蚊にさされやすくなります

・妊娠中の人
蚊が二酸化炭素に反応することは上記で紹介しましたが、妊娠後期には呼吸が通常より2割増えて体温も上昇しやすくなるため蚊に刺されやすくなります。

・O型の人
1972年の調査で、蚊の腸内の血液を調べたところO型の人が極めて蚊に刺されやすいことが判明しています。
O型の人の体液が蚊に好まれるらしいですが、科学的根拠は不明です
O>B>AB>Aの順になっていて、A型の人は極めて蚊に刺されにくいとの結果が出ています


スポンサーリンク

蚊に刺されなくするための対策はどうすればいい?

蚊に刺されないための対策としては、蚊が寄り付かなくするようにするのが一番です。
具体的には、蚊は柑橘系の匂いを嫌います。
ミント、ラベンダー、レモン、ペパーミントなどが有効ですが、当サイトではハッカ油を一番のオススメアイテムとして紹介します。

ぜひこちらの関連記事をご覧ください
コバエが発生する原因は?予防対策は?ハッカ油がオススメ!

蚊はハッカ油の匂いを嫌うので、ハッカ油スプレーを体の数か所に吹きかけておけばハエ避けにかなりの効果を発揮します。
特に蚊の多い夏の外出時にはオススメですし、暑さ対策にもなります^^

関連記事
屋外の暑さ対策でオススメの方法は?グッズは何がいい?犬は?

暑さ対策でお金をかけない方法は?窓は?賃貸物件の場合は?

ハッカ油 スプレー 詰替えセット

家の中の場合は、蚊をとにかく駆除することが大事です。
当たり前ですが、家中を清潔にして蚊を発生しにくくすることは大前提です。

家の中でみかけるのは大半がアカイエカという種類で、南方諸島を除く全国各地に出没します。

たまに北海道に蚊はいないと思っている方もいますが、アカイエカは普通に北海道でも出現します。

ちなみに北海道にはゴキブリもいないという噂もありますが、ゴキブリも普通に出現します。
ただし、北海道でゴキブリがいるのは大半が飲食店やテナントビルで、一般家庭ではまずみることがないので北海道の方でゴキブリを見たことがない人が多いのは事実です。

北海道の飲食店のみでゴキブリが発生する理由は、道外から送られてくる荷物にゴキブリの卵が産み付けられたリ、成虫が潜んでいた場合が多いと言われています。

アカイエカの亜種でほぼ同じタイプのチカイエカという種類もいます。
アカイエカの活動時期は3月~11月で特に6月から9月にかけて活発に活動します。
メスのアカイエカは冬は吸血活動をせず、休眠して冬を越します。
オスは冬の間に死に絶えます。

亜種のチカイエカは冬も冬眠せず気温が高い日は吸血をするので特に都市部で冬に活発的な蚊として知られています。
チカイエカの活動時期は1年中でピークは3月から5月、9月から11月となっています。
チカイエカは本州、四国、九州に出没します(北海道、沖縄では見かけません)
その代わり南方諸島ではネッタイイエカという種類が出没します。

スポンサーリンク



蚊の家の中の発生源はどこ?

アカイエカの幼虫は下水溝、汚水溜、ドブなどから発生するので周りにそういう場所がある場合はきれいにすることが重要です。
成虫は窓から侵入することが多いので、蚊取り線香や虫避けスプレー、ハッカ油などが効果的です。

その他の蚊の特徴と発生源

ヒトスジシマカ
アカイエカと並ぶ日本の代表的な蚊の1種です。
東北地方南部から南西諸島、小笠原諸島まで幅広く生息しています。
活動時期は3月~10月で7月~8月がピークです。
デング熱ウイルス、ウエストナイルウイルスの媒介蚊でもあり危険です。

ヒトスジシマカの発生源
幼虫は古タイヤや小型容器から発生するため、管理をきっちりしましょう
成虫はこれらの場所から発生し窓から侵入してくるので防虫スプレーやハッカ油、蚊取り線香などで対策しましょう。

コガタアカイエカ
主に水田から発生し、水たまりや小型容器から発生することもあります
一晩中飛び回り全国各地に出没する厄介なタイプです((+_+))
活動時期は4月~10月でやはり6月~9月がピークです。

コガタアカイエカの発生源
水田以外にも側溝、排水溝から発生することがよくあります。
また、小型容器からも良く発生するので空き缶、植木鉢はよく管理することが大事です。近所に水たまりがある場合も要注意です。

シナハマダラカ
農村部の水田から主に発生するタイプです。
活動時期は3月~10月でやはり6月~9月がピークです。
こちらもコガタアカイエカ同様の対策が必要です。
また、水槽から発生することもあるので要注意です。

全ての蚊は窓から侵入するので、窓を開ける時間を少なくすることがまずは重要です。
ただ、どんなに窓を開ける時間を少なくしてもちょっとした隙間から蚊が入ってくることはよくあります。
なので、スプレーや虫がこなくなるグッズを使うのが理想的です。
個人的にはここもハッカ油がオススメですが、他の虫よけグッズでも問題はありません。

それでも侵入されてしまった場合は、こちらが超オススメです。
蚊だけではなくコバエも一網打尽にできます^^

より強力なタイプです

関連記事
ノミバエとの14日バトル 発生源や退治方法は?電気殺虫器が有効でした

楽天でホテル予約や買い物をする際は楽天カード決済ならば新規加入特典ポイントがもらえて決済後にもポイントが貰えます ポイントは買い物にも使えて非常にお得です(^O^)/

待ち時間や移動時間中の暇つぶしに最適なおすすめスマホゲームをこちらで紹介していますので興味がある方は是非ご覧ください^^
オススメスマホゲーム特集 RPG、女性向け、男性向け、スポーツゲームなど


人気資格試験勉強法特集記事一覧です
宅建(宅地建物取引士)試験対策
社会保険労務士試験対策
行政書士試験対策
司法書士試験対策
アルバイト探しはこちらが非常に便利です
1日から働ける激短バイト!ショットワークス


スポンサーリンク

 - 害虫対策 , ,

  関連記事

ノミバエとの14日バトル 発生源や退治方法は?電気殺虫器が有効でした

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

蚊の寿命はどのくらい?部屋と車の中では違いがある?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

うるさい小バエをハッカ油で完全退治!暑さや喘息対策にもなります

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

コバエが発生する原因は?予防対策は?ハッカ油がオススメ!

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …