日々のお役立ち情報ブログ

生活のお役立ち情報&スマホゲームの攻略情報を紹介します

*

トランス脂肪酸は危険?身体への影響は?日本で規制されない理由は?

     

       

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています
Twitterでサイト更新情報をお伝えしていますので是非フォローまたは当サイトのブックマークをお願い致しますm(__)m
Twitterはこちら
夏の当サイト人気記事一覧です
夜だけネットが遅い人必見 GMOとくとくBB×ドコモ光に乗り換え解消しました
2017年度全国花火大会特集
電気代を節約する方法は?冷房の設定温度は何度がいい?裏ワザは?
夜のエアコンはつけっぱなしが電気代も安くてオススメ 赤ちゃんがいても大丈夫です
夏の弁当に入れてはいけないものは?傷みにくくする方法?保冷剤は?

ここ数年、トランス脂肪酸が危険だとかなり騒がれています。
ニュースで見たことがある方も多いのではないでしょうか?
アメリカではトランス脂肪酸を加工食品に使うことは2013年11月から厳しく規制されています。
しかし、現在日本では特に何も規制されていません。
そこで、トランス脂肪酸は本当に危険なのか?身体への影響はどうなのか?なぜ日本では規制されないのか?など詳しく検証していきます。


スポンサーリンク

トランス脂肪酸は本当に危険なの?

トランス脂肪酸は数年前に週刊誌で食べるプラスチック、狂った油など大々的に取り上げられて大騒ぎになりました。
トランス脂肪酸はマーガリン、ファストスプレッド、ショートニングやこれらを使うパン、ケーキなどに多く含まれます。

ファストスプレッドとは、JASの規格で油脂含有率が80%未満のものです。
80%以上のものはマーガリンです。
ショートニングとは、油脂がほぼ100%の油脂のことで、美味しさには不可欠のものでケーキやクッキーに使用されています。

トランス脂肪酸はマーガリン以外にも、サラダ油、カップヌードル、フライドポテトにも多く含まれています。

トランス脂肪酸が身体に悪い影響を及ぼすのは間違いありません。
具体的には、悪玉コレステロールを増加させ、善玉コレステロールを減少させます。
トランス脂肪酸を過剰摂取すると心臓病のリスクが非常に高くなります。
なので、アメリカやカナダでは厳しく規制されています。

トランス脂肪酸が日本で全く規制されないのはなぜ?

欧米では規制されているトランス脂肪酸ですが、現在日本では全く規制されていません。一部の市民活動家や政治家は数年前から大騒ぎして政府の怠慢だと叫び続けています。

しかし、規制がないのは理由があります。
その理由は、日本人のトランス脂肪酸の摂取量は欧米人の8分の1と大幅に少ないデータがあるからです(食事がかなり欧米化された現在でこのデータです)
なので、日本人の普通の食生活ならトランス脂肪酸を過剰摂取することはないからというのが規制がない理由になります。

しかし、極端にフライドポテトやマーガリンなどを好んで食べるような人なら、当然トランス脂肪酸を過剰摂取していることになりますので自己管理が重要です。
普通に考えてフライドポテトやケーキ、菓子パン、カップヌードルを大量に食べて身体にいいわけがありませんよね?


スポンサーリンク

トランス脂肪酸が少ない安全なマーガリンを紹介します

日本人の普通の食生活ならトランス脂肪酸の過剰摂取の心配はありませんが、それでも心配な方は多いと思います。
一番の方法はマーガリンをやめてバターにすることです。
バターのトランス脂肪酸含有量はマーガリンの3分の1以下です。

もしくは、こちらは圧倒的にトランス脂肪酸含有量が少ない安全なマーガリンです(バターのさらに4分の1です)のでこちらを購入するのもオススメです。
我が家ではこのマーガリンを使用しています

その他には当たり前ですが、トランス脂肪酸を多く含む食品をあまり食べないことです。
普通の範囲内ならケーキやクッキーを食べても問題ありません。
菓子パンやポテチップスなどにもトランス脂肪酸は含まれているので、食べ過ぎないことがとにかく重要です。

一般的に健康に悪いと思われる食品を食べ過ぎない当たり前のことが一番重要です。
トランス脂肪酸に限らず、菓子パンや甘いもの、フライドポテトの食べ過ぎが健康に悪いことは小学生でもわかることです。
日本の企業もトランス脂肪酸の低減に向けて日々努力を続けています。

トランス脂肪酸が少なくなると飽和脂肪酸摂取が多くなるという皮肉

ところが、トランス脂肪酸とは別の問題が浮上してきました。
トランス脂肪酸の減少努力をした結果、今度は飽和脂肪酸の過剰摂取が問題になってきたのです。

飽和脂肪酸も摂り過ぎると冠動脈疾患のリスクが高まることが判明しています。
トランス脂肪酸の低減努力が、今度は飽和脂肪酸の摂取量が増える皮肉な結果になってしまいました。

飽和脂肪酸はパーム油、やし油、バター、牛脂&牛肉、豚肉、クリーム、チーズ、チョコレートなどに含まれています。
飽和脂肪酸の摂取量は多すぎても少なすぎてもいけないので、日本の企業は試行錯誤しながらも日々努力を続けているところです。

一部の政治家や市民団体やサイトが欧米ではトランス脂肪酸が規制されているのに日本は野放しで無責任!と騒ぎ続けていますが、規制されないのにはそれなりの理由があります政治家や一部メディアの扇動に惑わされず、冷静に判断することが必要です。

当然ながらメチャクチャな食生活をしていればトランス脂肪酸も飽和脂肪酸も過剰摂取になります。
毎日菓子パンやフライドポテト、コンビニ弁当を食べていれば不健康になるのは当たり前ですが、たまに食べるくらいなら何ら問題はありません。
病気になってから国のせいだと言っても全く意味がありません。
意識して健康的な食生活と適切な運動をすることが一番大切です。
トランス脂肪酸に過剰に反応する必要はありませんが、一般的に見て不健康な食生活は禁物です。

関連記事
土用丑の日2015年日程は?中国産うなぎを美味しく食べる方法は?安全?


ネット速度が遅くて困っている方にオススメなのがGMOドコモ光のV6プラスです。
私は以前のプロバイダーでは夜に極端に速度が遅くなり困っていましたが、こちらに変えてから常時超高速で快適になりました。
以前のプロバイダー時と現在の速度比較もこちらの記事で紹介していますので気になる方はぜひご覧ください
詳しくはこちら
詳しいレビュー記事はこちら
夜だけネットが遅い人必見 GMOとくとくBB×ドコモ光に乗り換え解消しました
人気資格試験勉強法特集記事一覧です
宅建(宅地建物取引士)試験対策
社会保険労務士試験対策
行政書士試験対策
司法書士試験対策
ビジネス実務法務検定試験対策
アルバイト探しはこちらが非常に便利です
1日から働ける激短バイト!ショットワークス


スポンサーリンク

 - 健康関連 ,

  関連記事

高齢者が熱中症になりやすい理由とは?オススメの予防方法と対策グッズは?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

冬も熱中症になるって本当?原因と対策は?子供と高齢者は特に注意!

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

ハッカ油の効果が凄すぎる!喘息を止める効果も 副作用と注意点は?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

中性脂肪を半年で70下げた食事&運動方法をご紹介します

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

子供の熱中症の症状は?オススメの対策グッズは?首はどう?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

暑さ対策でお金をかけない方法は?窓は?賃貸物件の場合は?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

手汗が多い原因は?病院に行かずに無料で治療する方法はある?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

冷え性は男性もなります その原因と対策は?女性との違いはあるの?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

プール熱大人の症状は?予防方法は?かかったら出勤してもいいの?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

冷房の効いた室内で水分をとっても熱中症になる理由とは?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …