日々のお役立ち情報ブログ

生活のお役立ち情報&スマホゲームの攻略情報を紹介します

*

犬の腎臓病の原因と症状は?対策と予防法は?

     

       

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています
Twitterでサイト更新情報をお伝えしていますので是非フォローまたは当サイトのブックマークをお願い致しますm(__)m
Twitterはこちら
夏の当サイト人気記事一覧です
2017年度全国花火大会特集
電気代を節約する方法は?冷房の設定温度は何度がいい?裏ワザは?
夜のエアコンはつけっぱなしが電気代も安くてオススメ 赤ちゃんがいても大丈夫です
夏の弁当に入れてはいけないものは?傷みにくくする方法?保冷剤は?

腎臓病は、血液の老廃物を濾過して、尿として排出する機能を果たすネフロンという組織が壊れてしまい、腎臓の濾過機能が低下する病気です。
人間も犬も共通で、腎臓組織は一度壊れると治療しても回復することはできません。
違いは、ネフロンの数で人間は100万個、犬は40万個です(猫は20万個)

関連記事
猫の腎臓病の原因と症状は?対策と予防法は?


スポンサーリンク

犬の腎臓病の原因は?

腎臓病は猫同様犬も非常に多い病気で、犬の死亡要因上位にあげられる怖い病気です。
猫同様高齢になるほど発症しやすくなります。
大きな原因は食事の偏り、慢性的な口内炎、ウイルスなどがあげられますが、未だに原因不明のことも多く、解明されていない部分もあります。

犬の腎臓病の症状は?

初期は無症状です。
進行すると、尿が薄くなる、水を沢山の無用になる、口臭が気になるようになるようになります。
さらに進行するとヨダレを流す、食欲不振、体重減少、嘔吐の繰り返しが起こるようになり、尿毒症になるといつも寝ている、ふらつく、吐き気がとまらないという非常に危険な状態になってしまいます。

猫同様、腎臓病は末期になるまで症状が出ないことが多く、腎臓の75%がなくても残りの25%で生きていくことができるので、発見が遅れがちになってしまいます。
発見されたときは末期だったということもよくあるのです。
特に、犬は猫よりも腎臓病の症状が現れるのが遅く危険度がより高いです。
なので、早めの検査、定期検査が非常に重要になります。

腎臓病は末期になるまで症状が現れにくく、初期から中期の場合は無症状なことが多いので、気がついたら末期の腎臓病になっている可能性があります。
腎臓病は継続した治療が必要なので、継続的に高額な治療費がかかることもあります。
末期の腎不全になると、1回当たり2,3万円もかかる透析治療を週2回必要になることもあり、保険が適用されない犬の治療費としてとんでもない金額がかかってしまいます。
そうならないためにも、健康な時から定期健診を受けるようにして、食事にも十分注意してあげてくださいね。

犬の腎臓病の対策と予防はどうすればいいの?

愛犬の腎臓病を予防するには、早期の検査と普段からの食事が重要です。
腎臓病は末期になるまで症状が現れにくいので、必ず定期的に動物病院で定期的に検査を受けるようにしましょう。
腎臓病に限らず、早期発見が非常に重要です(人にも同じことが言えますよね)

具体的には、水を毎日とらせてあげることです。
犬の1日に必要な水分量は、大体体重g×0.05~0.07です。
水分量をきちんと測って与えてあげましょう。
簡単に水分量を計る方法は、500mlのペットボトルに水を入れて与えてあげるとわかりやすいです。

超重要犬、猫に与える水について

犬や猫に与える水について、水道水はダメ、ミネラルウォーターの方がいいという意見があります。
水道水には塩素や発がん性物質が含まれているから、人はもちろんペットにも悪いのではないかという心配です。

しかし、水道水のほうがペットには良いこともあります。
理由はいくつかあります。

・衛生面で水道水のほうがミネラルウォーターよりも優れている
水道水は、ある程度時間がたっていても塩素によって清潔面が保たれているので、傷みやすいミネラルウォーターなどよりも優れています。
塩素も健康に影響がない範囲内です。


スポンサーリンク

・水の硬度
ペットにとってはこちらのほうが重要です。
硬水のミネラルウォーターは、カルシウムやミネラルが多く含まれていて、犬や猫の尿結石の原因になります。
ですので、硬度が抑えられている水道水のほうが良いケースが多いのです。
ただし、沖縄の水道水は硬度が高いので注意が必要です。

ちなみに、水道水を煮沸消毒する場合は注意が必要です。
煮沸消毒は15-20分続けないと効果がありません。
トリハロメタンという発がん性物質は煮沸すると3-5倍になり、中途半端に煮沸をすると逆に危険になります。
煮沸消毒をするなら15-20分必ずやりましょう

それでも水道水を与えるのは怖いという方は、軟水のミネラルウォーターを愛犬、愛猫に与えてあげましょう。
硬水のミネラルウォーターは絶対にダメです。
軟水のミネラルウォーターは、南アルプスの天然水、いろはす、クリスタルカイザー、ボルヴィックなどです。
硬水のミネラルウォーターはエビアン、ヴィッテルなどです。

愛犬の腎臓病の予防には毎日の食事も非常に重要です
動物性タンパク質を十分にとらせてあげることが重要です。
植物性タンパク質は、肉食系の犬にとって消化しにくく、内臓に大きな負担をかけてしまいます。

また、穀物も犬には不向きで腎臓に大きな負担をかけてしまいます。
さらに、塩分も大敵です。
ちくわ、煮干し、ジャーキー、刺身などはたとえペット用であっても塩分が非常に多いのでやめましょう。

猫同様、リンやナトリウムも摂り過ぎは厳禁です。
腎臓病はこれらの排泄能力が低下するので非常に危険です。
塩分やリンが多く含まれているかつお節、チーズなどは与えないようにしましょう。

もし腎臓病になってしまったら、すぐに動物病院に連れて行き獣医の指導の元療養食を与えてあげてくださいね。

犬に非常にオススメの鹿肉
犬は動物性タンパク質の食事がベストですが、その中でも特にオススメなのが
低脂肪、低カロリー、低アレルゲン、低コレストロールの鹿肉です
年齢を問わずおすすめできる健康食です。

愛犬はアレルギー、生活習慣病、皮膚病、涙やけ、食糞、臭い(体臭、口臭)など様々な悩みを抱えている場合が多く
かなり悩んでいる飼い主の方も多いのではないでしょうか?

これらの大きな原因として、食生活の乱れ、腸内環境の乱れが考えられます。
人用の食事やデザートを与えたり、愛犬に合わない食事(ドッグフード)を与え続けていると腸内環境が乱れて様々な悪影響が出てしまいます。

そこでオススメなのが最近口コミで急激に広まっているaikona-あいこなというサプリです。
犬用のサプリメントで腸内環境を整えるのに必要な栄養素を届けてくれます。
無添加、無農薬、放射能検査済で厳選した6種類の栄養素が凝縮されている究極の犬用サプリメントです。

こちらのサプリについては関連記事で詳しく紹介しているので是非こちらをご覧ください
愛犬の皮膚トラブル、食ふん、臭いなどにお困りの方へ

暇つぶしに最適なおすすめスマホゲームをこちらで紹介していますので興味がある方は是非ご覧ください^^
オススメスマホゲーム特集 RPG、女性向け、男性向け、スポーツゲームなど


人気資格試験勉強法特集記事一覧です
宅建(宅地建物取引士)試験対策
社会保険労務士試験対策
行政書士試験対策
司法書士試験対策
アルバイト探しはこちらが非常に便利です
1日から働ける激短バイト!ショットワークス


スポンサーリンク

 - ,

Message

  関連記事

犬の熱中症の症状は?オススメの対策は?グッズは何がいい?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

犬下部尿路疾患の原因と症状は?対策はどうすればいい?

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …

犬アレルギーの症状と原因は?改善方法は?空気清浄機とサプリが有効!

日々の生活で役立つあらゆる情報を毎日更新しています Twitterでサイト更新情 …